“Creating Value - Globally”は、
私たち日産トレーデイングのビジョンです。

日産トレーデイング株式会社
代表取締役社長兼CEO
河原 守

日産トレーデイング株式会社は1978年に日産自動車の全額出資子会社として設立し、自動車関連の部品、原材料、設備機械、及び完成車両のサプライチェーンとトレーディングを担う自動車メーカーの商社として成長を続けてまいりました。

近年の自動車産業の地球規模での事業展開、また、それを具現化するアライアンスなどの戦略に伴い、それを支えるサプライチェーンの重要性が益々高まっていますが、私たちは “Creating Value - Globally” を企業ビジョンにお客様のニーズを的確に捉えたビジネスモデルを創造し、質の高いサプライチェーンマネジメントと付加価値のあるサービスを提供することを使命にしております。

お客様のグローバルな事業展開をサポートすべく、これまでの米州、欧州、中国、タイ、韓国に加え、今後発展が見込まれるインド、ブラジルにも積極的に拠点を設立してまいりました。一方、日本においては日産トレーデイング株式会社を海外子会社を含めたグループ全体を統括するグローバル本社とし、部品・マテリアル量産ビジネスのオペレーションを担う日産トレーデイングオペレーションジャパン株式会社との二つに再編し、事業基盤の強化に取り組んでおります。

今や産業界ではAIやIoTの活用が本格化、自動車業界もCASEと呼ばれる百年に一度と言われる変革の時期への突入が待ったなしです。 私たちが2018年にスタートした中期経営計画 「NITCO Grow Our Value 2022」では、これまで培ったきめ細かいサービスをベースに一層付加価値、機能を高め、新たなお客様、新たな分野へのビジネスモデルの提案を加速して行く計画です。

私たち日産トレーデインググループは10ヶ国、35拠点の1,300名の従業員一人ひとりが常にお客様の視点に立ち、常に付加価値を創造し、魅力的なサービスでお客様の安心、満足をいただくことでお客様と共に成長する企業でありたいと考えています。
お蔭様で多くのお客様に支えられ、2018年に創立40周年を迎えることができました。皆さまに感謝しお礼申し上げると同時に今後とも皆さまの変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

河原 守